2015年7月 
約5年前の話です

仕事から家に帰宅。
今日も女性との出会いを求めて掲示板に下記の文章を投稿しました。

タイトル:下から突かれると揺れちゃう!って人いませんか?笑

本文:下からや後ろから突かれるとオッパイめっちゃ揺れる女性いませんか?

おっぱい星人でも良い!っていう心優しい女性いたら仲良くなりたい!笑
よろしくお願いします。

(うん、我ながらユーモア溢れる文面ww)

投稿して待つこと15分

携帯に着信音が「ピロン!」と鳴りました

開いてみるとメッセージが1件
「こんばんは 掲示板見ました」
の一言

プロフィールをのぞきに行くと、8歳年上の女性

結構年上だなーと思いながら、
「こんばんは 掲示板見てくれました?笑」とメッセージを送りました

やり取りから出会う約束まで

しばらくすると
「はい 見ました(笑) 割と揺れちゃいますよ」
 と返答がきました。

ファーストメールにして割とノリノリな感じ
(これはすでに食いつきあるな)
と思いながら

「おっぱい星人大丈夫ですか?笑」
とたたみかけてみます

すると
「あまりに他の投稿と違ったから驚きはしたけど、大丈夫です(笑)」
とまんざらでも様子です

そのあともノリよくラリーを続け
5通目でライン交換を打診したところ、OKということでラインに移行します

相手のラインのサムネイルが自分の顔写真だったので、そのままチェック
画像を見る感じ、髪の毛は茶色で少し派手な感じでしたが
正直、可もなく不可もなく年相応といった感じ

(まぁ?おっぱい大きいならいいか笑)

とりあえず話をするうちにわかったことは
・見た目は周りから若くみられるらしい
・38歳の保育士
・娘が1人いるシングルマザー
・職場では出会いがなく寂しい毎日を送っている

とのことでした

正直写真を見る限り
ホントか?と思う部分もありましたが、会って嫌なら飲むだけにすればいいし
と考え、ある程度ラインメッセージでやりとりした後
「時間あるなら軽く電話しない?」
と誘うと

女性も「良いよ」とのことだったので、電話でやりとりをすることに

「こんばんは?」
と声は普通に30代って感じでした

電話である程度会話をした後で、直球で一番気になっていることを聞いてみます
「ところでさ、何カップ?」

「いきなり(笑)」と笑いながらも

「Gだよ」
と教えてくれました

(めっちゃでかい!!)

速攻で飲みに誘います笑
「次の土曜日なら空いてる?」
とのこと

日程と時間だけ決めて、当日まで連絡を取ることにしました

出会ってご飯

待ち合わせ当日
時刻は20時 新宿の東南口 時刻まであと5分程

土曜日ということもあり駅前はすごい人の数です

(待ち合わせ場所間違えたかな)
としばらく考えていると携帯から着信音が鳴りました

「ついたよ?」

というメッセージと一緒に
今日の格好ということで服の写真を送ってくれました

(人も多いし、写真めっちゃ助かる)
と思いながら、周りを見渡すとそれらしき服装の女性がいました
(ただ・・・若くね?笑)

写真よりも全然若い感じです
パッと見20代半ばって言われてもわからないくらいでした

ドキドキしながら声をかけてみます
「こんばんは!」
向こうも気づき「〇〇君?」

(キタ?これ、めっちゃ美人、しかもスタイルやばい、服から胸出そうやん)
とガッツポーズしながら
「写真より若くない?笑」と聞くと

「私、写真写り悪いんだよね?」
確かに、これは納得

正直、写真より実際の方がはるかに美人で
例えると大人っぽい「若益 翼」のような美女でした

その後、雑談しながら予約してた居酒屋へ
店内に通され席に座り
「今日は飲むぞ?」
と早速意気込んでいる彼女

(そんなことよりさっきから胸の谷間がめっちゃ見えとるねん)
と心の中でツッコミを入れつつ何とか視線を彼女の顔に集中させます

「お酒飲むの久しぶり?」
と聞くと
「普段は子供いるから飲みなんかいけないよ?」
とのこと

話を聞くと、旦那と半年前に別れてから全然出会いもなくて、職場でも女職場で気を遣うからストレス半端ないだの
今日はずっと飲みたかったから子供を母親に預けてきただの、すごい量の愚痴が次から次へと出てきます

話を聞きながら相槌をとっていると、彼女の方から
「彼女いるの?」だったり
「このサイトで会ったことある?」
など質問も出てきました

「会ったことあるよ?。〇〇(彼女の名前)ほどの美人はいなかったけどね」
と言ってみると

「え?(照)」と
照れながらも満更でもない様子

(これはそろそろ勝負の時)
と思い、トイレに行き席に戻ってきたタイミングで彼女の横に移動します

一瞬驚いた表情を見せた彼女でしたが、特に嫌がる仕草も見せません

ご飯からホテルを誘うまで

横に座りしばらく雑談しながら
足の先を当ててみます

彼女も特に気にする様子もなく会話が続きます

会話の流れを再び、最近別れた旦那の話に戻しつつ
「夜の生活とか順調だったの?」
などと下ネタを混ぜ込んでいきます

「途中から全然なかったよ笑」

気づくと彼女からもヒザを当ててきています
そのタイミングで腰に手を回し
「じゃあ、こういうのも久しぶりだよね?」
と言いながら、こちらに引き寄せました

見つめ合い顔を近づけると、目を閉じる彼女
そのままキスをしました

「んっ。」と声が漏れるも
相手からも嫌がるそぶりはありません

さらに舌を入れると絡み返してくる
お酒も入っていて寄りかかってくるしめっちゃエロいです

しばらくキスを続けていると
店員さんが近づいてくるのがわかりパッと離れる2人

お酒も飲んでいたこともあり、店内であることを忘れていました
彼女からも
「ドキドキしちゃうね笑」
と言われちゃいました笑

店員さんが離れたのを見計らって、再度軽くキスをした後
「場所変えようか」
とホテルに誘います

すると彼女も
「うん。。。」

と乗り気な様子
そのまま会計を済まし店を出ます

最後ヤっちゃいました

時間は23:00過ぎ
店を出て、即座に相手の手を握ります

女性も握り返してくれます
向かうは、歌舞伎町の先のホテル街へ

人通りが多い歌舞伎町を歩いている中、途中何人かの男が彼女を見ているのが分かりました

(やっぱり、スタイルもいいし美人だし見るよな?)
と若干の優越感に浸りながら歩いていると
彼女から
「コンビニ寄りたい」
というのでコンビニに入るとマムシドリンクを勧められます

「飲んじゃったら立たないって聞いたから、これ飲んだらいっぱいできるんじゃない?笑」

「いや、やる気満々やないか笑」
とツッコミを入れるも
勢いに負けて2本買っちゃいました

その後
ホテルで彼女との熱い夜を堪能

結局調子に乗って4回もヤッてしまいました笑

次の日
家に帰ってベッドで横になっていると「ピロン!」と着信音がなりました

ライン着信1件
「昨日はありがとう?めっちゃ気持ちよかった?今度は後ろからもいっぱい突いてね笑」

と次のアポを確定させるメッセージが!

その後、彼女とはしばらくセフレになり
時たま子供を預けてもらい家まで来てもらいました笑

出会い系をやってるとこういった美味しい思いができるからやめられないんですよね!
この他にも、松岡さんの熟女と出会う方法とかを参考にすると、もっと美味しい思いができるかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です